トップページ おすすめ通信講座 介護事務の資格試験 通信講座の選び方

介護事務管理士(介護事務)の資格は、介護保険制度の定着により、今後ますます重要視されてきます。 介護事務の仕事は、レセプトの作成(介護報酬請求業務)を中心にケアマネジャーをサポートする仕事ですから、とてもやりがいがあります。 また、ケアマネジャーの方のスキルアップにもおすすめの資格です。

介護事務管理士の資格試験は、介護・福祉系の資格では珍しく、実務経験不要で誰でも受験できますので、最初のステップとして資格を取りたい方には最適です。

介護事務管理士資格取得のメリット


【1】介護の現場で不可欠なレセプト作成が自力でできる

介護事務の仕事は、レセプトの作成が主な業務で、ケアマネジャーの全般的なサポートを行います。 介護サービスが正しく行われているかモニタリングするための書類作成や他事業者との連絡、利用希望者や関係業者からの申し込みや問い合わせの電話対応、ホームヘルパーの勤怠管理など、介護事務の仕事はとても広範囲に及びます。

近年、介護サービスの利用者は多くなってきていますので、介護事務スタッフの必要性が高まっています。


【2】介護・福祉の職場への就職に有利

介護事務スタッフが活躍している主な職場は、介護サービスを実施している介護事務所、老人ホーム、介護老人保健施設などです。 介護に関する手続きや事務処理などは、介護事務独特の技能・知識を必要としますので、介護事務の勉強をし資格を持っていれば、介護事務スタッフとしての専門性をアピールできます。


介護事務管理士の資格は、通信講座でも十分に取得できますので、まずは通信講座の資料を取り寄せて情報を収集してみると良いでしょう。


通信講座を選ぶときのポイントは?



介護事務通信講座の資料請求メリット

各スクールの講座資料には、講座の内容の他に、資格試験の情報や勉強方法、仕事の内容など、知っていると得する有益な情報がたくさん盛り込まれています。

資料請求は無料でできますので、できるだけ多くのスクールの資料を取り寄せて、比較検討してみることをオススメします。そして、自分に最も適した通信講座を選びましょう。


↓ ↓ 介護事務講座の一括資料請求はこちら! ↓ ↓


 次ページで、おすすめの通信講座を個別にご紹介しています。
⇒ 【次ページを見る】



介護事務の資格と試験について

介護事務の資格には、国家資格は無く、民間の資格がいくつかありますが、試験の内容などはあまり違いはありません。

介護事務の資格で代表的なものは、「介護事務管理士」と「ケアクラーク」です。

⇒ 介護事務管理士とケアクラークの違いは?



介護事務管理士と医療事務管理士

介護事務管理士は介護施設などで行う事務の資格で、医療事務管理士は医療機関などで行う事務の資格ですが、最近では、介護施設と医療機関が併設されているところも増えており、介護事務と医療事務の両方ができる人はとても重宝されています。

しかし、介護事務と医療事務は、報酬請求の算定のしかたなど、仕事の内容に様々な違いがありますので、それぞれについてきちんと勉強しておかなければなりません。

医療事務管理士の資格試験に対応している講座で一番おすすめなのは、自宅で試験が受けられるユーキャンの介護事務講座です。



介護事務の仕事に役立つ資格・技能及び関連資格

日商簿記・・・介護事務の仕事は、経理関係の仕事も兼ねて行うことが多いので、簿記の知識が求められています。

パソコンスキル・・・事務職では、ワード・エクセルなどのパソコンの基本的なスキルが求められています。

介護職員初任者研修・・・介護事務と介護職員の仕事を兼ねている求人もありますので、就職に有利になります。

医療事務・・・介護事務と医療事務を両方とも勉強すると就職先の幅が拡がります。



介護・医療・福祉の求人情報

介護や福祉の仕事を専門に扱った業界No.1の求人サイト・カイゴジョブ!

「カイゴジョブ」は、介護や福祉の仕事を専門とした求人情報サイトです。ヘルパーや介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、作業療法士、理学療法士、医療事務、介護事務、管理栄養士など、介護・福祉の仕事に特化した求人情報を検索する事ができます。




  • seo